タトゥー除去する際の注意点や傷跡について

タトゥー除去隊

治療後の傷跡について

傷跡はどうしても残るもの

タトゥーの治療法としては、タトゥーを入れる前のキレイな肌の状態にまで戻すことは不可能であると言えます。自分のタトゥーに合った治療法をよく医師と相談して、慎重に方法を決める必要があります。

傷跡を最小限にするには?

タトゥーを除去するという行為そのものが、皮膚にとってはダメージが大きいものとなります。もし、皮膚に対してのリスクを考えるのならば、除去をしないということが良いでしょう。除去を考えるにしても、福岡の信頼できる皮膚科や医師を探し、入念に方法を考える事が傷跡を少なくする方法になります。

タトゥー除去方法を誤ると…

タトゥーの除去方法によっては、自分自身に適していないということもあります。施術を行うことによってタトゥー除去の治療を行う前よりもひどい傷を負うことも考えられますし、皮膚のトラブルを抱えて今後苦しむこともあります。リスクを理解して正しい治療法を選択しましょう。

治療ごとに異なる傷跡を解説

タトゥーを除去する治療を行うと、治療によって傷跡に違いが生じます。治療方法別に、術後の傷跡についてご説明します。

タトゥーを除去した後の傷跡とは?

レーザー治療を行った場合

レーザー治療は回数を重ねるたびに、皮膚にやけどを負ってしまいます。そのため皮膚に凹凸が生じるケースがあります。また、色素が沈着する部分と、色素が抜ける部分が生じ、皮膚の色がまだらになることもあります。

切除手術を受けた場合

切除手術を行った時、ある程度の大きさのタトゥーを除去した場合では、皮膚の量が少なくなるために傷跡が大きく引っ張られ、広がって見えることがあります。ケロイド状になることもあり、周囲の皮膚にミミズ腫れができることもあるでしょう。

皮膚移植を受けた場合

皮膚移植をした場合、皮膚を採取した部分にも傷が残る事を心得ておく必要があります。皮膚移植を行った部分には、移植をした範囲と周りの皮膚の境目が分かってしまうことも多いです。また、上手く皮膚が定着しないこともあり、再び手術を行うことで傷跡が増えてしまいます。

皮膚移植の定着を良くする方法

皮膚を移植するのには失敗するリスクがありますが、皮膚を定着させる可能性を高める方法があります。その方法とは採取した皮膚を機械に通し、網目状にして移植するというものです。もちろん移植した皮膚は網目状になったままになってしまうため、通常の皮膚移植より目立ってしまいます。

アブレーションによる治療の場合

アブレーションを行った場合には、他の治療と比べると傷跡が目立ちにくいと言えるでしょう。ただ、皮膚が再生する期間が長期となると傷跡がケロイド状となり、盛り上がった状態になってしまいます。将来的に皮膚疾患となるリスクも発生しますので、医師とよく相談する必要があります。

広告募集中