タトゥーを除去したい方必見|基礎知識や施術方法

タトゥー除去隊

タトゥーを消したい方へ

心得ておきたいタトゥー除去のこと

タトゥーを消すことは、簡単なことではありません。タトゥーを入れたときよりも、消すには何倍もの労力や時間、費用を費やしてしまいます。そんなタトゥー除去についての知識をご紹介いたします。

タトゥーをキレイに消すことは難しい

タトゥーを除去する施術を行う際には、皮膚の奥まで施術を行う必要があります。皮膚の奥は基本的に再生することがありませんので、施術を行ったとしても傷跡は残ってしまうものです。

レーザー治療の注意点

タトゥーを除去する手法として、レーザー治療がありますが、こちらの治療は患部にレーザーを当てることにより、色素を壊していくという内容になります。色によってはレーザーで除去しにくいものがあり、何度も施術を行うことによって傷跡が増え、皮膚も次第に厚みを増して効果が得られなくなるケースもあります。

後遺症について

タトゥーを除去する施術を繰り返し行うことによって、皮膚そのものがダメージを受けることがあります。例えば治療の刺激が強い場合には、内出血を起こすことがあります。内出血に関しては痛みを感じることは無いでしょう。切除する方法では皮膚を切り取る為にひきつれる感覚が強い場合があります。

タトゥーの治療はさまざま

タトゥー除去の治療はたやすいものではありません。タトゥーを除去する方法も様々であり、タトゥーの色素や大きさによって治療法を選ぶことになるでしょう。以下では具体的な方法をご紹介します。

大阪のクリニックで美容外科を受ける♪
まずは施術メニューを要チェック!

タトゥー除去施術は東京で受けるべし!
施術の特徴を調べておこう

タトゥー治療の種類

レーザー治療

レーザー治療は、照射した部分の色素を壊すという仕組みの治療方法となります。この時壊した色素は細胞に吸収され、消えていきます。色素と一緒に肌を焼いてしまうために、施術の際には痛みがあります。治療後は傷跡が残ってしまうと考えましょう。

切除治療

切除治療とは、タトゥーを入れた部分の皮膚そのものを切り取ってしまうというものです。こちらの治療には、比較的小さなタトゥーの場合に有効でしょう。広範囲を切り取ってしまうと、傷跡が目立つほかに、皮膚がひきつるといった症状が出ます。

皮膚の移植

皮膚を切り取った部分に、身体の別の場所からとった皮膚を移植するという方法があります。この治療が用いられるケースは、タトゥー自体が大きいものに用いられます。移植が上手くいかない場合には、手術を数回行うこともあります。

アブレーション法

アブレーションとは、皮膚をそぎ取る治療法になります。こちらの治療は治療跡が比較的残りにくいこともあって、大きなタトゥーを除去することに向いています。また、仕上がりが医師の技術に左右されますので、しっかりと見極めることも大切でしょう。

タトゥーアウェイ

カラータトゥーに有効な新しい治療法です。レーザー治療が苦手としているカラータトゥーを治療することができます。方法としては、ニードルで皮膚の浅い部分を削り取り、乳酸を注入するというものです。